島情報−72

 〔前回の島情報へ〕   次回の島情報へ〕    これまでの島情報

                     3月7日の田んぼ風景
体験学習 ・・・ 田植え
 
  もう おとといの事になってしまいますが 久部良から比川の工場へ向かって 軽トラックを走らせていたら 少し遠くの右手になにやら賑やかな集団が・・・・。どうやら田植えらしい ー と気づき 車を降りて見に行きました。 その場所は 「 島情報ー62  わいわい農業奮闘記 」 の前大桝(まえおおます)氏の田んぼで 比川小学校の全校生徒で田植えの真っ最中でした。天気は曇り、 長く田んぼに入っていたらしい子が 「足がつめた〜いっ!」と言って 上がってきました。引率の先生方に伺ったところ 3年生の社会科の授業の一環でやることになったそうで 前大桝氏にお願いしたら すぐに快く引き受けてくださったそうです。 学校としては3年ぶりの田植え体験とのこと。前大桝氏や何人かの大人も参加していて 思い思いに奮闘している姿が印象的でした。
 尚、前大桝氏所有の 他の田んぼの今年の田植えは 2月28日から始まっているそうです。

 比川小学校では 6月上旬に 刈入れの体験学習も予定しているようです。
                                             (2006.3.9)
メッセージ ・・・ 初めての田植え

  生れて初めての田植え。水が冷たくて、なぜか心地よい感じがした。素足で田んぼに入り、童心に返った自分がいた。児童12名、職員9名、保護者2名で協力した田植え。苗を3本ずつとり、しっかり育てと願いを込め 丁寧に植えた。まっすぐに植えたつもりが 、終わってみれば見事にゆがんでいた。またそれも思い出。比川に赴任して、また大きな思い出ができた。与那国の自然に感謝、人の優しさに感謝。前大桝 和夫さんに感謝。
                                比川小学校教諭    当山祐治(ひろはる)