島情報−76

 前回の島情報へ〕      次回の島情報へ〕     これまでの島情報

                   前大舛(まえおおます)和夫氏
稲刈り


 島情報−72で「田植え」を紹介した時に 必ず稲刈りもこのコーナーに載せようと思っていたのに時期がずれてしまいました。でも やっぱり与那国の稲作をお伝えしたく“事後報告バージョン”ということで どうかお許し下さい。
 この写真は6月17日のものです。6月14日から始まった稲刈りは 様々な人達と わいわい奮闘しながら 6月30日に終わったとのこと。今年は雨に悩まされることなく 農作業が順調に進んだようです。町役場に勤務しながらの稲刈り・・・お疲れ様でした。でも 奥さんの情報では 平日は田んぼから 役場に出勤してしまう本人よりも後に残った 手伝いの人達のほうが大変だったかも、ということでした。が、ジャンボタニシと格闘したり タニシの被害跡に また苗を植えつけたり 暗くなっても田んぼで作業していたり・・・ と結構 悪戦苦闘している前大舛氏を見かけました。その後 たわわに稲が実った時期に見かけたCDをぶら下げた“かかし”がなんともユニークでした。悲しいかな かかしさんの効果は1日程度だったそうですが・・・。
 豊作に加えて 今年の米は とってもおいしいと評判です。与那国産の米はJA沖縄与那国支店や地元のスーパーなどで買えます。但し 在庫はあまりないようです。

 与那国は豊年祭がすんでから 雨がよく降るようになりました。毎年 様々な困難を乗り越えて 米や野菜を作ってくださっている農家の皆様、ほんとうにありがとうございます!
                             (2007.8.14)



 かかしは2体ありました