島情報−109

 前回の島情報へ〕  次回の島情報へ〕 これまでの島情報

 ヨナグニイソノギク

  3月も中旬となり、ヨナグニイソノギクの花が最盛期を迎えています。突然やってきた春の嵐、ニンガチカジマーイ(2月風廻り)にもめげることなく、茎の先端に一輪ずつ咲いた青紫色の花が、誇らしげに天を見上げています。

与那国島固有の植物で、自生地は石灰岩からなる海岸の断崖にあります。表土はうすく、冬の間、ずっと雨まじりの冷たい北風が吹きつける厳しい環境です。2月初旬から、春の訪れをいち早く感じとり、開花が始まります。

                      アヤミハビル館専門員  村松 稔 (2009.3.21)