島情報−117

 前回の島情報へ〕  次回の島情報へ〕  これまでの島情報

島の話

  与那国島はどんな所ですか?と 島外の方に よく聞かれます。物質的には 病院も コンビニも 銀行も 旅行会社もありません。家具屋さんもないし 洋服屋さんもありません。最初は戸惑っても 慣れれば何とも思わずに生活していたりします。道を歩けば 小さなカメや カニや たまにはヤシガニに出会ったりするし 蝶も 鳥も 植物も種類が多いし 大きな台風がこなければ 野菜も育てやすいところです。島なので 物価はどうしても高くなりますが 皆 それなりに知恵を使い 工夫して暮らしています。

 島に住んでいるんだなぁ・・・と実感するのは 車を運転していて 視界が開けて 遠くに海が見える時です。毎日のことだし 通勤途中に何回かは見えるのに いまだに うれしくなります。今日はそんな通勤途中の写真しか撮れませんでしたが 写真好きな弊社の社員に撮ってもらった与那国の風景を年内にはお届けします。

  もう1つ 与那国に住んでいるんだ と実感するのは 新月の時の満天の星空。ただ単に
うつくしい と表現したくなくなるほど 神秘的で 心奪われる夜空です。天の川も見えます。
でも この景色だけは写真よりは どうか実物をご覧下さい というよりほかは ないようです。
                             伊藤 典子(2009.7.27)