島情報−12

 〔前回の島情報へ〕  次回の島情報へ〕   これまでの島情報

塩づくり 7
  水塩(すいえん、みずしお)


 ご好評いただいている 純粋にがり の姉妹品に水塩があります。これは海水を煮詰めて、醤油と同じ約16%の塩分濃度にしたもので、にがり成分を全て含みます。にがりよりカルシウムを多く含みます。
 高級料亭では以前から自家製の水塩をタイ、ヒラメ等の高級白身魚のサシミのつけダレとしていました。淡白な魚にコクと旨味を添えるためでしょう。確かに水塩は微量元素とミネラルの効果で、魚に限らず、素材の味を引き出し、コクを出し、旨味を引立てます。今までご家庭では味わえなかった新しい味です。
 使い方のお薦めは卓上のショウユ差しに ショウユ2、水塩1の割合で作っておいて、ショウユと全く同じにお使い下さい。余計な塩分を取りすぎることもなく、美味しさだけを味わえますし、にがり成分も取っていただけます。
 天ぷら、揚げ物、ステーキ、ハンバーグ等に合います。

 水塩の他の使い方としては 
[1] みそ汁、スープ等の汁物に
[2] 鍋物に
[3] ちょっとゼイタクかも知れませんが漬け物に少し加えて漬けると、味、
   色がちがいます。            
[4] 開発してまだ日の浅い製品なので 他にも美味しい使い方がありそうで
   す。皆様にお願いです。色々お試しいただいて成功例をお報せ下さい。

 ※ 成分表はH.Pの商品案内欄にあります。

 380ミリリットルのペットボトル入りで550円です。