島情報−135

 前回の島情報へ〕  〔次回の島情報へ〕    これまでの島情報

与那国島   
 

  島情報 - 132で 銀行も コンビニも デパートもない与那国島ですが・・・と紹介しましたが 島外で出会った方に 「 与那国島はどんな所ですか? 」 とよく聞かれます。私は 「日本で一番最後に夕陽が沈む島です。 」 と答えることが多いのですが 今日はもう少し紹介したくなりました。

  人口は約1600人、面積は28.88ku、周囲27.49km、石垣島から127km、台湾までは111kmあります。飛行機では石垣空港から約30分。石垣島から与那国島まではフェリーで約4時間かかります。那覇からは 与那国までの飛行機の直行便が週4日あります ( 約1時間30分 )。那覇に行くと 「 どうやってここまで来たの?」 と聞かれる事も多いので 「 もちろん 泳いで・・・ 」 とジェスチャー入りで答えることにしています。

  そして与那国島にあるもの・・・
満天の星空、様々な草花、蝶、色鮮やかな魚、たくさんの鳥たち、何かと助け合って生きる島の人たちの人情、島唄、サンゴ礁の海、雨上がりの空に架かる虹、花酒、黒糖、大切に伝えられ 育てられてきた古典芸能と祭り、丹念に時間をかけて織り込まれた与那国織、風情ある赤瓦の屋根の民家、島に古くから伝わる棒術、様々な表情を見せてくれる白い砂浜、海底遺跡、与那国馬、牛、ヤギ、エネルギーを感じる島野菜・・・・・・今更ですが とても伝え切れないことに気がつきました。

 この島が好きです。
                                   伊藤 典子 ( 2010.9.14 )

                      今日の比川集落風景