島情報−139

 前回の島情報へ〕   次回の島情報へ〕   これまでの島情報

  月の浜

 “今月今夜のこの月を”と講釈をつければ 金色夜叉の熱海の海岸の月でしょうが 月  といえば毎年今夜の十五夜のことでしょう。当地では きょうは快晴 これ以上ない満月。おおきい台風11号の去った与那国島ではまさに秋 月見の宴がひらかれます。      

 トップぺージの私の写真の背景は 弊社のすぐ前の比川浜です。この浜は昔から 月の浜 と呼ばれています。南側がすべて海に開けていて 月見には絶好の浜です。いまでも
電気の灯りがさしこむことは少なく 満月の明かりだけで充分に散策できるでしょう。
月見の宴では 親類縁者 友人たちが集い サンシンや踊りが繰り広げられたりします。
また この島に多い神掛かりのある人たちの近くでは 月と北極星に幸せを願って祈りを
捧げる儀式もとりおこなわれたりもします。
               
 弊社のすぐ前は その名の通りの 月の浜 という民宿です。この写真は午後6時45分頃に撮影したものですが 空のグラデーションがとてもきれいでした。左にちょっとだけ写っている建物は 弊社のすぐ側のDr.コトー診療所、下の写真は今も賑やかに催されている ご近所の月見の宴です。家の中も たくさんのお客様でにぎわっていました。

 今夜は 言葉はいらないほどの満月です。
                        伊藤 典子(2010.9.22)