島情報−158

 〔前回の島情報へ〕   次回の島情報へ〕  これまでの島情報

     左から二番目の方が 講師の 請舛姫代さんです
ハーブ講座

 
 生活改善グループの主催で 昨日の3月31日 JAよなぐに前 で“ 島のハーブを我が家の食卓へ” というハーブ講座がありました。さっそく 私も参加したのですが 講師の請舛(うけます)姫代(ひめよ)さんのハーブの知識と 実際に持ってきてくださった島のハーブの種類に驚きました。

 ハーブを請舛さんが使うようになったきっかけは 35年くらい前に 内地に住んでいた時にお母さんが病気になり 自分が兄弟の料理を作ることになってからとのことでした。ハンバーグ・コロッケなど お母さんに負けない味を出すには ハーブが欠かせなかったそうです。その後 与那国に戻り 島にハーブがたくさんあることに気づき ますます ハーブが身近で欠かせないものとなったそうです。

 今日は ハーブティーやハーブ満載のサラダ・長命草ジャムを試食させてもらい 集まった人たちと ハーブ談義に花が咲きました。眠れない時に食すとよいハーブとか「ヌーはっか」という古くから与那国に自生していたハーブなど小分けのビニールの中から取り出して 珍しいハーブをたくさん紹介してくださいました。

 「 健康を考えながら 普段の生活の中でハーブを楽しんでもらいたい 」という請舛さんの気持ちがビンビンと響いてくる 充実した 和やかな講座でした。

                        伊藤 典子 (2011.4.1)