島情報−25

 〔前回の島情報へ〕  次回の島情報へ〕   これまでの島情報

ふれあい市

  毎月1回だけの市が JAおきなわ 与那国営業所の玄関前で開かれています。“ふれあい市” と名付けられた この市には 島内で作られた旬の野菜や卵の他 昔から島の人達が食してきたポーポー焼きやサーターアンダンギィ(砂糖てんぷらと呼ばれています)・もちなどが並べられ ポーポー焼きの実演販売をしていたりもします。新鮮な採れたて野菜は値段も手ごろで 時にはグァバやドラゴンフルーツ・パパイヤ・島バナナなどのフルーツが並ぶこともあります。雨が多く 台風も来ない冬の時期は色々な野菜が出回るので楽しみです。昨年最後のふれあい市には お弁当や魚フライもありました。この営業所で “ふれあい市” 担当の福浜とも子さんのお話によると 「島の野菜を食べよう」 という発案でこの島の生活改善グループのメンバーが この営業所の裏で始めたのがきっかけだそうです。平成12年からは 与那国町野菜生産組合も加わって今の場所で定期的に開かれるようになったそうです。

  ふれあい市は毎月第3木曜日の午前9時頃から開かれますが 早めに出掛けたほうが 何かと得策のようです。1月20日に開催予定の今年初の “ふれあい市” には 「暮らしの工夫展」 や島の起業家たちが作っているソバやお茶などの展示販売も行われるそうで 見逃せない機会になりそうです。