島情報−37

 〔前回の島情報へ〕  次回の島情報へ〕   これまでの島情報

  飯田森之(いいだ しんし)くん                伊盛 良海(いもり よしうみ)くん

 ひがわ幼稚園

  弊社のすぐ近くには 先生一人に園児二人の「ひがわ幼稚園」があります。良海くんは6才で 今年の4月には1年生、森之くんは5才です。たった一人の先生は この道20年余りのベテランの与那覇 悦子先生です。朝はよく 元気に三人でマラソンしている姿が比川小学校の堤防で見かけられます。私が伺ったこの日は もうすぐ比川小学校と合同で行われる学芸会の練習をしているところでした。

  レゴブロックが大好きという二人ですが この日は観客一人を前にして かなり照れながらも 『ことば遊び』 という身振り手振りをまじえての愉快な遊びを披露してくれました。長いセリフも間違えずに 最後までリズムよく終わり 幼稚園児が こんなにもできるんだ と しみじみ感心しました。悦子先生が休日出勤した時などは この二人が比川の小・中学生たちと一緒に仲良く遊ぶ姿を 目にすることが多いそうです。比川地区の人達が みんなで比川の子供達を育てていこうという雰囲気が感じられて それがとてもいいと思っている とのことでした。

メッセージ
 
 与那国島にある3つの幼稚園の中でも もっとも少人数である本園は 昨年11月までの在園児数は 3名でしたが、唯一の女の子が転園してしまい、現在は5才・6才の男児が各1名の計2名です。二人とも負けず嫌いの頑張りやさんで、いつもいろんなことに意欲的にチャレンジしてくれます。
 今は、2月13日(日)に予定されている学芸会に向け、1・2年生と合同で舞踊 (まみどーま節) 、舞踊劇 (北風と太陽) の練習にがんばっています。
 また、先日開催されました与那国町学力向上対策推進実践発表会において、2人の園児の ことば遊び(カエルことばのぴょんぴょこりん)の発表が好評を得まして、関係者の方々、周囲のたくさんの方々のご推薦、ご支援により19日(土)に石垣島で開催される八重山地区学力向上対策実践発表会に 派遣されることになりました。思いがけないチャンスに ビックリしていますが、チャレンジ精神旺盛の2人は やる気十分です。
 この大きな舞台で 堂々と元気いっぱい発表し、小さな島の、小さな幼稚園の子供達の頑張っている様子、キラキラ輝く姿を伝える事ができるといいなと思っています。園では 今日も2人の元気な声と笑顔が弾けています。
                ひがわ幼稚園 教諭  与那覇 悦子