島情報−49

 〔前回の島情報へ〕    次回の島情報へ〕  これまでの島情報

                                        撮影 永田 康紀氏
グンバイヒルガオ 【ヒルガオ科 サツマイモ属】

 相撲の行司が使う軍配に葉っぱの形がよく似ていることから名付けられたという 「グンバイヒルガオ」。この島では 浜辺や海岸近くの道端や砂地など いたる所で見ることができます。厚みがありツルツルとした葉っぱと紅紫色の花が この写真のように群れて咲いていると とてもきれいです。台風の時は一時的に花芽も潮風でなくなってしまうこともありますが 少したつと また元気に美しい花が群れて咲きだします。多年生草本で茎は地面を這い その長さが10m以上になることもあります。種は海流にのって世界中の浜辺に流れ着くというのですから 違う国でも出逢ってみたい花です。

 花の直径は約8cm、義理堅い花で朝咲くと午後にはしぼんでしまい 毎朝新しい花が開きます。名前は ヒルガオ ですが アサガオ みたいな咲き方です。