島情報−51

 〔前回の島情報へ〕    〔次回の島情報へ〕  これまでの島情報


孫・ひ孫たちからお祝いの言葉を贈られる 前西原キヨさん(一番左)
カジマヤー

 9月19日(月)久部良地区に住んでいる前西原キヨさんの “カジマヤー” のお祝いがありました。カジマヤーとは数え年97歳の長寿のお祝いです。キヨさんは97歳の現在も身の回りのことはもちろんのこと 山へ行ってクバの葉も採ってくるほど元気です。この日 配られた引き出物の中にも キヨさん手作りの扇が入っていましたし とても手が込んだ豪華な折り詰めの中の「ナントゥ(沖縄伝統の餅菓子)」もキヨさんが作ったもので 上品な甘味があり 評判通りのおいしさでした。
 島のあちらこちらから老若男女を問わず いろいろな人たちが長寿にあやかりたいとお祝いに駆けつけました。唄あり 踊りありの盛大な祝宴は夕方の5時頃から9時過ぎまで催され その間キヨさんは 終始にこやかに座り続けておられました。カジマヤーとは『かざぐるま』のこと。97歳を境に童心に還るということでその象徴として使われる かざぐるまを飾ってお祝いをします。料理がとても上手で 人に言えない苦労もたくさんしているはずなのに 決してグチをこぼしたことがないというキヨさん。この日はお祝いに駆けつけた誰もが 自分もキヨさんのように元気で 97歳まで生きられたらなぁ!と思ったことでしょう。
【キヨさん手作りの扇と 「うぶる」という飾り物、どちらも  クバの葉で作られています】