島情報−59

 〔前回の島情報へ〕    次回の島情報へ〕    これまでの島情報


様々な「ちょうちん」を携えて与那国小学校を出発!
ちょうちん行列

  1月15日に与那国小学校の創立120周年を祝う記念式典と祝賀会が催されました。その前日の1月14日 夕方5時半過ぎに前夜祭の “ ちょうちん行列 ” が行われました。小学生はもちろん 幼稚園児・中学生・PTAの父兄、おじいちゃん、おばあちゃん、観光客・・・ とにかく たくさんの人たちが集まってきて この行列に参加しました。児童達のちょうちんは冬休みに各家庭で作ったそうです。一般参加の人が持つちょうちんは 何日もかけてPTAの父兄が手作りし 200個用意したそうですが とても丁寧に作ってありました。楽しみながら思い思いに工夫して作ってきた人たちもいて 愉快でにぎやかな行列が 校区内の祖納地区を練り歩きました。

  ちょうちん行列を見送って小学校の校舎に行ってみたら 翌日に行われる式典と祝賀会の準備に追われているPTAの父兄や地域の方々がたくさんいました。その中に 200匹は越すだろう何種類かの魚の山を 黙々と さばいている お父さんチームがいました。その手さばきの見事さに その場を離れられなくなり ジッと見ていました。それぞれのお父さんが「マイ包丁」を持参しており さばき方もその人なりのやり方があるようで 少しづづ違っていました。魚を3枚におろすと 骨にたっぷり身をつけてしまう私とは まるで違い 芸術的な包丁さばきの人も何人かいました。与那国の男性の逞しさを垣間見た気がしました。

  とにかく この日は夜遅くまで翌日のための準備作業が続けられたようです。もちろん みんなの想いが届いて 翌日は時々汗ばむほどの好天に恵まれたのでした。  ( 2006.1.16