島情報−61

 〔前回の島情報へ〕   次回の島情報へ〕   これまでの島情報


学芸会

  「 一つ一つの演技に輝け、ぼくらが主役だ 比川っ子 」 をテーマにした 比川小学校と
ひがわ幼稚園の学芸会が1月29日、同校体育館で開かれました。園児3人と児童14人が 歌や劇、舞踊など 日ごろの学習の成果を 父母や地域の方々に披露しました。

  「 明日に向かって 」 の元気な歌声でオープニングしたあとは 舞踊や音読劇、全児童による棒踊りなどが次々に発表されました。なかでも 3年生以上の児童による「 トーカチの由来 」 は 沖縄の方言や与那国の方言に挑戦。この日に向けて取り組んできた難しいせりふをこなして 熱演しました。フィナーレの棒踊りは 保護者の方々や中学生の協力を得て 笛や演技の指導を受け 地域に伝わる伝統芸能を 一生懸命に演舞し 会場からは
ひときわ大きな拍手や おひねり(こちらでは 花金 と言います)を受けていました。
  みんなが家族のような まとまりがあり ほのぼのとした心温まる学芸会でした。

プログラム
幕開け 全児童 トーカチの由来 3・4・6年
あいさつ はじめのことば 1・2年 音読劇 スーホの白い馬 幼・1・2年
合唱奏 明日に向かって 全児童 踊 り 棒踊り 全児童
舞 踊 谷茶前 幼・1・2年 あいさつ おわりのことば 児童会長
あいさつ 学校長あいさつ 森永 梢
                                             ( 2006.1.30 )


         棒踊り(全児童)


    スーホの白い馬 (幼・1・2年) 

4番まである比川小学校の校歌