島情報−94

 前回の島情報へ〕   次回の島情報へ〕   これまでの島情報

1番座ライブ
 

 12月18日、午後7時半。祖内の田頭さん宅の1番座でライブがあった。
フォークシンガー、よしだよしこさんとジャンベ奏者の永原 元さん。
急遽決定されたライブだったようで、告知もあまりされていないなかで30名近くの観客が集まった。

  最初の印象は凛としたきれいな方だなと思った。歌いだす よしださんをみて この人はなんて楽しそうに歌うんだろうと思った。やさしい歌、厳しい歌。色々な歌が演奏された。細い声、太い声、弱い声、強い声、哀しみ、喜び、切なさ、懐かしさ、その歌声には全てのニュアンスがあるように感じた。

  ゲストで出演された、永原 元さんの力強いジャンベの音も、この町の静けさを切り裂く地響きのようだと思った。地に振動して震わせる大きな大きな力のように感じた。一番前の席に陣取って2時間にも及ぶステージを、瞬きすることも忘れて見入っていた。一緒に行った子供は最初走り回って遊んでいた。途中から真剣にステージを見ていたがあまりの心地よさに眠気を憶え祖母に手を引かれ帰って行った。

  私は無類の音痴だが、歌は世界を変える素敵なものだということはよく知っている。32年間生きてきた道中にもいつも歌はあり、これから先の人生にも深く関わってくるだろうと思う。
その中で今回のライブを見ることができたのは、私にとって幸せなできごとに違いなかった。
                                   松尾 メグミ(2008.12.19 )