島情報−96

 前回の島情報へ〕 次回の島情報へ〕  これまでの島情報

 成人式

  1月3日、与那国町主催の成人式が比川の離島総合センターにおいて開催された。
前日までの悪天候を一掃するかの様な、成人の晴れの舞台に相応しい快晴の1日。
これから社会人として道を歩みだす、出席者25名の新成人たちは色鮮やかな振袖や、スーツなどを身につけ会場を彩った。舞台に上がった新成人を司会者が1人1人紹介していき、新成人も自分の夢や、与那国島のこと、これからの抱負など述べた。
 
  与那国島では中学校までの義務教育を終えると高校進学や就職のため、子供たちは島を離れる。次に戻り、集う機会は大多数の者が中学卒業から5年後の成人式ではないだろうか。

  就学のために生まれ育った地を離れ、親、兄弟とも離れるということが子供たちにどのように作用するのかを想像することは容易ではない。1人1人がそれぞれの心模様で、自分の歩み出す道筋を模索しながらこの成人式の舞台に立っている。若者たちが就きたい仕事、夢を叶えられる仕事が、この島にいても実現できる環境を整えていくことが島にとってこれからの大きな課題になっていくだろうと強く感じた一日だった。

  島で生まれた若者たちがこの先どんな風に島と関わって行くのかを私は移住者として見つめ続けていたいと思う。

  式典終了後の祝賀会では舞踊や、民謡、フラダンスなどが披露され華やかな成人式を大いに盛り上げた。当日の夜は各成人者の自宅で宴が催され、お祝いに回る親戚や関係者などの往来で島は夜通し賑わった。
                              松尾 メグミ (2009.1.6 )